FC2ブログ

この記事のみを表示する葛温泉

♨長野県

 

 
葛温泉 3軒ある旅館の一つ仙人閣さんです。
 
槍ヶ岳を水源とする高瀬川の渓谷に抱かれるようにひっそりとした佇まいで、
 
「日本秘湯を守る会」の会員宿でもありました。
 
 
 

 
 
・・・・・以後の情報  只今 up待機中です~~   m(_ _"m)ペコリ
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
源泉名   仙人2号の湯
 
        (集中管理室)
 
泉質  アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)
 
     単純温泉 (低張性中性高温泉)
 
泉温     49,5℃
 
 
        78,0℃
 
湧出量   233L/分
 
        ***
 
水素イオン濃度  pH 9,4
 
            pH 7,4
 
 
 
スポンサーサイト



この記事のみを表示する八ヶ岳名湯

♨長野県

 

 
標高1870m 八ヶ岳に沸く信玄隠しの湯! 唐沢鉱泉行って来ました~~
 
茅野駅からバスで行かれる場合は、以前に行った奥蓼科温泉郷 渋・辰野館 前のバス停で下車
 
ここからは徒歩で60分
 
今回も、もちろん車ですので山越えルートです
 
まずは茅野市豊平広見の三井の森を通過でさらに山道を走ります
 

 
途中からは舗装のされていない砂利道を数キロ、砂埃を舞い上げながら走ります
 
後の車は前が見えず大変ですので、少し時間をおいてからにしたほうがいいかも・・・
 
高級車・スーパーカーはちょっときついかもです。。
 

 
 

 
それでも何とかスーパーカー無事に到着です。 車は砂埃で真っ白~ タイヤはこんな感じに
 
砂埃がホイール内に積もるほどでした
 


 
八ヶ岳名湯 唐沢鉱泉・日本秘湯を守る会の提灯も
 


 
 
到着後、受付で呼び出しても5分以上応答がありませんでしたが、その後暫くして女将さんが
 
いらっしゃい~~と、とても優しくお出迎えしてくださいました。
 

 
道路の事を尋ねると、これでも最近は良くなって、普通車でもこられるようになったんですよ~~
 
だそうです。 帰りは少しだけ車のお腹ガリガリ~しちゃいましたが。
 
それで早速に温泉にドボン~~  湯の花も舞っています
 
 

 
湯船は総古代杉作り、洗い場はヒバの床木作り、打たせ湯も流れ落ちています
 

 
二つに分かれた浴槽、冷鉱泉ですので加温はされていますが、小さいほうはぬる湯
 
大きいほうは加温・循環での少し温かめのお湯です
 
中央の浴び湯と打たせ湯は源泉
 

 
 

 
敷地内にある空色に輝く源泉沸き出し口も見たかったのですが、あいにくの大雨となりましたので
 
また次回にでもですね。
 

 
源泉名 唐沢鉱泉源泉
 
泉質 単純二酸化炭素冷鉱泉
    (低張性弱酸性冷鉱泉)
 
泉温 10,2℃
 
pH  4,02
 
 

この記事のみを表示する乳白色の温泉~

♨長野県

 

 
夏日です~~  暑い 
 
そんな事で今日は裏山越えて、飛騨方面から乗鞍高原目指して
 
9時には東海北陸道に乗り込み北上~~
 

 
が、北上しても気温変わらず!朝なのにすでに20度越えです
 
とりあえず、ひるがの高原SAで休憩後飛騨清見IC下車で中部縦貫自動車道終点で高山まで、
 
その後は国道利用で、またまた丹生川のドライブステーション板蔵で休憩。
 
ツバメさんも子育てで飛び回っていました~
 

 
休憩後は再び丹生川を抜け平湯方面まで坂道を

 

 
ほおのき平も通過~~
 

 
その後は安房トンネルを越え長野県側に突入~~
 
安房トンネル!ETC利用できるようになっていました。
 
それで安房トンネルを越え、上高地も通過で一気に乗鞍高原です
 

 
乗鞍岳はまだまだ残雪で綺麗でしたよ
 

 
ハイ、それで本日の目的地乗鞍高原温泉到着です
 
湯けむり館さんです。 先月まではこちらでしたが・・・・↓
 

 
4月26日に湯けむり館新規オープンと言う事で、駐車場を挟み向かい側に新館オープンです~~
 
レストランも併設、 それで今日は運も良くオープン記念、2,000名様限りの昼食付きの入浴で
 
1,000円券が残りわずかでしたがGETです~~
 

 
それで早速にNEWの湯船にドボン~~です。。 硫黄臭が強烈!3日は硫黄臭とお付き合い??です~
 
画像では分かりずらいですが、乗鞍岳を一望しながらのフゥ~~です。。
 
何度来てもいいお湯です~
 
新館と言う事で、外観は綺麗になり外からのイメージはなかなか~でしたが、温泉は旧の湯船が
 
好きでしたね~ 休憩施設も暖炉がなくなりちょっと小さくなってしまったかな・・・
 

 
それで入浴後は、
 コレとコレ食べて温泉も入れて1,000円 プラス100円しましたが、いいですね~
 

 
 

 
 
温泉地名  乗鞍高原温泉
 
源泉名    湯川温泉
 
泉質     単純硫黄温泉(硫化水素型)(弱酸性低張性高温泉)
 
泉温     46,4℃  pH3,12
 
 
 
乗鞍を後に次に向ったのは高山市内です
 
知る人ぞ知る TRAIN BLEU 行ってきました~~~
 
確かに3時頃なのに凄い人です! 週末などは凄い事になっていそうですね
 
 
 

 
おいしいパンも購入で、帰りは飛騨清見から、せせらぎ街道経由の下道で、途中道の駅
 
パスカル清見で休憩で、せせらぎの音と新緑に癒されての今日も無事の帰宅となりました。
 
温泉もでした~~ ♪
 

 
 

 
 
 
 

この記事のみを表示する七味温泉

♨長野県

    

 
七つの源泉から湧きでる湯をひとつにした事から名付けられたと言う七味温泉!まで、
 
出かけてきました。
 
上信越自動車道、須坂長野ICからは40分ほどで到着です
 
七味温泉は、長野県上高井郡高山村に位置する、信州高山温泉郷の一つの秘湯。
 

 
 

 
 

 
高山温泉郷の最奥地! 到着です。。
 

 
今回は日帰り入浴の予定で、恵みの湯の野天風呂入浴に行くつもりでしたが、この日は恵みの湯さんが
 
メンテナンスの為入浴不可・・・とのことで、同経営の七味温泉ホテル 渓山亭のやさしい女将さんが
 
こちら渓山亭も休館日ですが、お風呂は入れるから、こちらの旅館温泉でごゆっくりどうぞ~~ と、ご親切に
 
案内して頂きました。
 

 
日本秘湯を守る会の会員旅館さんでもありました。
 

 
 

 
お湯は白濁りの硫黄単純泉!もちろん加水・加温・循環・なしの100%源泉掛け流しの温泉です
 
いい香りの硫黄臭で、2日程はたっぷり硫黄臭とお付き合いです~~ 濃度濃~
 

 
内湯は大きな岩に囲まれ、今回も貸切で、まろやかないい濁湯でのんびり入浴タイムです。
 

 
 
   
 
周りは山と、松川渓流が流れ、適温のいい露天で今日は癒されてきました。
 
いい温泉でしたよ~
 

 
 

 
 

 
帰りは最奥地の高山温泉郷、七味温泉からは、すぐ近くの五色温泉を通り須坂長野ICに向け、ポカポカに
 
温まって無事高速に乗り込み帰宅となりました。
 

 
 
源泉名   混合泉(七味温泉 牧新七味・七味温泉第2号井戸)
 
泉質     単純硫黄泉(硫化水素型) (低張性中性高温泉)
 
泉温     40,9℃(牧新七味)  62,5℃(七味温泉2号井戸) 
 
pH      6,20
 
 
     

詳しい地図で見る

この記事のみを表示する乗鞍高原~~

♨長野県

 

 
今日は久しぶりのお休み頂いて、まずは午前中は腰痛治療の為病院へ、
 
が、なかなか良くなりません~ 昨日は今年最高の冷え?と言う事もあり、ショップにいても少し歩くだけで
 
もぅ~たまらない痛みがはしり早退しようかと思ったほどでした。
 
そんな事で、今日はお昼近い時間から、第二の治療??温泉へGO~です。。
 
まずは東海北陸道に乗り込み


  高速ガラガラ~~~
 

 
で、一気に平湯温泉まで~~  雪やばいです! 
 
いつもならすでに冬装備は済ませているのですが、今年はまだ腰痛でタイヤ交換すらできません・・
 

 
1時頃には無事に平湯温泉到着です。 今日の温泉は ひらゆの森  
 

 
ところが・・・ガァ~~ンです。 本日休館日  アチャ!
 

 
平湯がダメでも、このあたりは温泉いっぱいですので、次・・・ 安房トンネル越えて長野県側に突入です
 
このあたり長野県なのですが、なぜか自分的には岐阜県!のような?気分なのです
 
それで、上高地も越えた位置にある、さわんど温泉はスル~~~  
 

 
白骨温泉も今日はスル~~
 

 
と、言う事で本日は乗鞍高原温泉に目的地変更と言う事で、アッという間に安曇の乗鞍高原到着です。
 
ところが、お気に入りの湯けむり館さんも本日休館!
 

 
そんな事で、乗鞍高原温泉の奥の奥に位置する コチラ で、今日はお世話になってきました~~
 
 

 
もちろん乗鞍高原温泉特有の濃い乳白色のお湯です~~ 硫黄の香りがたまりませんね~~
 
    
 
ところが、湯船に入る前に事件発生!
 
隣の女湯で凄い音! 冷蔵庫が床に落ちたような ゴッツン!どう考えても人が滑って倒れたような音
 
まさか、まる子???   でもギャーとかキャーとか声もしません。 頭でも打って倒れてる???
 
とりあえず誰も他にはお客さんはいないはずなので、大声で確認
 
しばらくすると、滑って転んじゃった~~~ょ! ウソ~~ それで後で聞いたところによると
 
滑って前側にスッテンコロリン~~それで両手でカバーしたそうですが、あまりの重量にスライディング状態?
 
両手はバンザイ状態、足は・・・・ とりあえず女子なので、後はご想像と言う事で、
 
それで上腕筋肉痛及びお腹も打ったそうで、明日の朝が怖い~~とか言ってます
 
まぁ~とりあえずは無事だったみたいで、その後はメチャいい温泉を堪能です。。
 

 
 

 
 

 
総木造作り!確かに滑りそうですよね!
 

 
湯船の中は、凄い湯の華が沈殿してます~~
 

 
とにかく乗鞍高原の温泉はいいです~~ もちろん完全源泉かけ流し~~♪
 

 
 

 
 
と、言う事で、今日はとんだハプニングもありましたが1時間ほどいいお湯で温まり、4時頃には
 
道路の凍結も心配でしたので、急いで帰宅路へと
 
途中おさるさんの団体も出没、
 

 
右、左 確認してから横断してね
 

 
平湯側はやはり凍結!
 

 
ノーマルタイヤではきつい坂道でしたが、スーパーカーですのでAボタン?4WDオンで無事ラクラク~~
 
    
 
それで無事に東海北陸道にも乗り込み、本日も無事の帰宅となりました ♪
 

 
 
これで、明日には20歩ぐらいは歩けれるようになるかな~~ 
 
 
中部山岳国立公園 乗鞍高原温泉  こまくさホテル
 
温泉地名: 乗鞍高原 温泉
 
源泉名:  湯川温泉 源泉
 
泉質:  単純硫黄温泉(硫化水素型)
        (弱酸性低張性高温泉)
 
泉温:  43.7℃  pH3.13