FC2ブログ

この記事のみを表示する蔵王温泉 おおみや旅館

♨山形県

 

 
蔵王温泉 おおみや旅館さんです~
 
創業は約1,000年以上も前と言われた、蔵王温泉の老舗!
 
代々は「近江屋八右衛門」と呼ばれた蔵王温泉一の源泉を持っていることでも知らされています。
 

 
男湯、女湯は夜7時半から入れ替わりになりますが、今回はこちらの源泉かけ流しの温泉を貸切~です!
 
強酸性湯ですので金属類を身に着けての入浴は×ですので気をつけないとです。
 

 
内湯は、泡風呂、源泉風呂の木の香り漂う二浴槽、
 

 
 

 
 足元から湧き出してくる泡風呂です~ ↑
 

 
 
 

 
石垣より沸き出ずる乳白色の源泉!たまりません~~~
 

 
 
源泉名  近江屋1号源泉
 
泉質   酸性・含硫黄‐アルミニウム‐硫酸塩・塩化物温泉(低張性酸性高温泉)
 
泉温   52,0℃   Ph1,7
 
湧出状況  自然湧出
 
        加水(温度が高いときのみ)加温ナシ・掛け流し、入浴剤、消毒剤ナシ
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



この記事のみを表示する蔵王温泉 大露天風呂

♨山形県

 

 
 
蔵王温泉 大露天風呂です~ 蔵王温泉のシンボル??とも
 
前日は蔵王温泉の旅館で宿泊でしたので、割引サービス券利用で朝6時の1番湯で蔵王の大露天風呂へ・・・
 
まずは門をくぐり長~い階段をテクテク、
 
  
 

 
 途中にはこんな賽銭箱も
 
温泉と平行して流れる川には温泉から掛け流しされたお湯が流されていました
 

 
手前は少し温かめの42度、その奥の打たせ湯のあるほうが40度と少し温度が低くなっていて
 
マッタリ感のいいお湯でしばしの長湯でした。
 
泉質は酸性、含硫黄、硫酸塩、塩化物泉の強酸性湯 pH1,4で、ちょっとピリピリ感も感じられました
 
お湯は乳白色に青が入ったような湯が広がり、硫黄臭もかなりのもので、あくる日まで臭いは
 
残っていました
 
もちろん石鹸は使えずシャワーなどの洗い場もありませんのでお気をつけください
 
蔵王温泉! いいです~~ さすがの蔵王でした♪
 
帰りには特別の特別に源泉湧き出し口からの源泉を頂けちゃいました。
 

 
 
 
温泉地名 蔵王温泉
 
源泉名  馬滝源泉  女性湯船 オツン源泉
 
泉質  酸性。含硫黄泉・硫酸塩・塩化物温泉
 
泉温   53,8℃
 
 

この記事のみを表示する蔵王温泉 上湯共同浴場

♨山形県

 

 
蔵王温泉 上湯共同浴場
 
今回宿泊した、おおみや旅館さんの目の前に位置する共同浴場です
 
三ヶ所ある共同養生の中では1番大きかったかな!
 

 
こちらの泉温はかなり熱かったですね。
 
少し入浴すると皮膚が赤くなってくるほどでした
 
浴槽はすべて木造で乳白色、湯底には湯の花が凄く沈殿していました
 

 
 

 
源泉がドバドバと掛け流されています~ 
 

 
 
 
温泉地名 蔵王温泉
 
源泉名 大湯1号
 
泉質  酸性・含硫黄・アルミニウム・硫酸塩・塩化物温泉 
 
泉温 54,0℃ pH1,6
 
 
 
 
 

この記事のみを表示する蔵王温泉 下湯共同浴場

♨山形県

 

 
蔵王温泉街、下湯共同浴場
 
今回共同湯へは旅館宿泊と言う事で、フリーパスです。
 
こちらの共同湯温泉街の中心に位置し、早朝6時から、夜10時までですが、
 
10時になると自動施錠となりますのでお気をつけください、
 
 閉じ込められたりしたら大変ですよ~
 
 
 

 
 お湯は以外にもちょっとぬるめの乳白色です~ が、あまり長湯をすると成分の濃い温泉ですので皮膚の
 
弱い方はそれなりにしたほうがいいかも。
 

 
小屋のような建物で、すべて木造作り!もちろん浴槽もすべて木造で、とても暖かみがありました
 
 

 
 

 
 湯の花も凄いです。 いいですね~~~ また来なくちゃ ♪
 

 
温泉地名 蔵王温泉
 
源泉名  蛇荒川折口・インキョ・上の川混合源泉
 
泉質  酸性・含硫黄‐硫酸塩・塩化物温泉
 
源泉温  56,9度