FC2ブログ

この記事のみを表示するハスクバーナ簡単 お手入れ法

マシーン工房



















最近家庭用ミシンによく使用されている水平ガマ、
ボビンの出し入れも便利でミシン油も不要、糸カラミ
も少なくとても便利で扱いやすくなってきています

ただ垂直釜のように布ホコリや糸くずなどがたまっても
取り出しやすい点では垂直釜のほうがメンテナンスも
しやすく掃除なども楽にできるかと思います。
今回はそんな水平ガマの簡単な掃除などをデザイナーSE
を使用して少し紹介させて頂きます

まずは専用のクリーニングブラシの反対側に付いている
針板取り外し用の専用工具で針板を手前に押し出すように
取り外します
続いてボビンケースを押さえているカバーを上に引き上げて
取り外せばボビンケースも同様に上に引き上げれ楽に
取り外せます

写真のようにボビンケースを取り外すとカマ内部にはホコリ
などがたまっていますので、専用ブラシ、綿棒などで取り払っ
て下さい。エアースプレーなどではホコリ、糸クズがカマの
さらに下に入り込んでしまう事もあるので、掃除機などで
吸い上げるほうが、布ホコリの除去などには効果があります。
続いて針板も外してあるので、生地を送り込む送り歯の谷間
などの掃除もして上げて下さい。
後はボビンケースの掃除、糸テンションなどに糸クズ、ホコリ
などが入り込んでいないかも点検してあげて下さい。
以上簡単に出来るお手入れ方法ですので、長時間使用した後
などには上記のようなメンテしてあげて下さい。

これ以上の点検、調整などはハスクバーナの調整用専用工具
などを完備している正規代理店にお問い合わせ下さい

スポンサーサイト



この記事のみを表示する日本の滝100選 世界文化遺産

1dayドライブ

 遅れていたキルト展出展のキルトも無事に預け、今日は久しぶりの


休日を頂きましたが、お約束かのように今日も雨降りの休日になりました。




道の駅のスタンプラリーも少し休んでいた為、今日は近場の日本の滝100選にも


選ばれている阿弥陀ケ滝(白鳥町)から、ひるがの高原を抜けて世界文化遺産にも


登録されている白川郷へと出かけました。


朝10時近くに出発、まずは道の駅白鳥にお昼前に到着、次にそこから15分ほどで行ける


日本の滝100選、岐阜県の名水50選にも指定されている阿弥陀ケ滝に、絶景の一言でした


落差は約60mで舞い上がる水しぶきも凄く、清涼感、マイナスイオンたっぷりの超お勧め


スポットです。


夏季の期間は阿弥陀ケ滝の名水を使用した流しソーメンも頂けますよ。















午後2時頃白鳥を後に156号線を北上ひるがの高原を眺めながら3時頃に


世界文化遺産白川郷に到着です。








白川郷散策後は、御母衣ダムを眺めながらひたすら高速道路は使用せず国道156号線南下、


今日も無事に6時30分にはマイホーム到着となりました。

今日の走行距離 230Km お散歩コースでした~~




この記事のみを表示するハスクバーナで三つ巻き縫い

最新情報






よく最近のミシンでは薄地や三つ巻き縫いがうまく出来ない
などと言う声がよく聞かれます。

いろいろ豊富な装飾ステッチなどが増えて、とても楽しい
ソーイングなどが出来るようになってきているのですが、
その一方では針板の溝が大きく横長に広がっている為に
薄地、薄地の角縫い、三つ巻き縫いなどをすると生地が
針板の穴にくい込んで大変な事になってしまう事もよく
聞かれます。

やはりこのような時には大昔の直線専用ミシン、職業用、
及び工業用ミシンなどと同じように直線専用の針板に
交換して頂ければ、かなりの効果が期待出来ます。

しかし最近の国産ミシンなどにはオプションでの直線専用針板などは
用意されていない機種がほとんどですが、ハスクバーナ、
ベルニナなどでは豊富に選べるオプション部品の中にも直線専用
針板は必ず用意されていますので、三つ巻き縫いや薄地などでの
ソーイングの時などにはとてもお役立ち出来ると思います


使用ミシン デザイナーSE


この記事のみを表示するベビーロックでパッチワークキルト?

ミシンキルト








何の意味もありませんが、今日はベビーロックとフラット
ロック(カバーステッチ)を使用してお遊びでパッチワーク
キルトをしてみました。
まずはフラットロックを使用してカーブキルトに挑戦
下糸に段染め飾り糸を使いましたが、以外に綺麗に仕上がります

続いては四角つなぎを4本糸ロックでピーシング、ロック
ミシンですから、もちろんカットしながら縫えますので
縫いずれのないピーシングができます
ただしキルト棉、裏布が入りますのでロックの役目は
まったくありませんのであしからずです。


この記事のみを表示するリネン Part Ⅵ

ハンドメイド リネン・クラフト






ナチュラル素材のショルダーバック完成
裏、裏ポケット付

明日からは、そろそろコンテストキルト制作に取り掛かります 


使用ミシン ハスクバーナ デザイナーSE

この記事のみを表示するリネン Part Ⅴ

ハンドメイド リネン・クラフト












今日もYUWAさんの棉麻の生地を使いパッチワーク風キルトバッグ
を作ってみました
パッチワークしてあるように見えますが、すべて
プリント模様の棉麻生地にミシンでフェーザー
ステッチを選択しキルトしてあります。
裏側にはポケットもつけてみました。

プリントには見えないほどパッチワークキルトの
風合いがでています。


この記事のみを表示するリネン Part Ⅳ

ハンドメイド リネン・クラフト








ナチュラル感覚のソーイングかごBag完成!
先日に続き松山敦子さんの綿麻の残り生地を
利用して作ってみました。


使用ミシン ハスクバーナ デザイナーSE


この記事のみを表示するアンティークミシン ミュージアムに

アンティークミシン









ついに25年の年月をかけて収集したアンティークミシンの


コレクション及び貴重な資料、販促用ポスターなどすべてを


近日増設されるミュージアムへ贈呈移動してきました


一時は200台近くの1900年以前のミシンを集めに集めまくり


ましたが、日本国内でのミシンの歴史は浅く


本物のアンティークミシンなどの歴史を知るには大英博物館、


サイエンスミュージアム、スミソニアン協会などでしか見る事が


できませんでした

そんな一般の方々にも日本でミシンが誕生したさらに


100年前のミシンの歴史などを知って頂けたらなと


思います



パッチワーク倶楽部 No41~45 ミシンの歴史紹介させて頂いてます



この記事のみを表示するリネン Part Ⅲ 

ハンドメイド リネン・クラフト










今日もまたまた昨日の続きで、松山敦子さんの素敵な
オリジナル綿麻を使い、今日は通帳入れカードポケット付
を作りました。
表側にもキルト綿を入れキルティングして、裏側にはカード
なども入れれるようにカードサイズのポケットを付けて
みました、
2ッ折でマグネットボタンで裏は開閉できるようにも
してみました


使用ミシン ハスクバーナ デザイナーSE


この記事のみを表示するリネン Part Ⅱ なべつかみ?

ハンドメイド リネン・クラフト












昨日の続きで今日もリネンでソーイング
午前中はロックミシンの講習で忙しくなってしまい
午後からリネンの生地などを用意し、何を作るわけでも
なく作り始めたら、こんなのが出来てしまいました
なべつかみにはちょうどいいかと思い・・という事で
なべつかみが完成しました

評判は良かったのですが大きすぎじゃない!とも言われて 
しまいましたのでポシェットか何かに変更してしまおうかと
思います。


使用ミシン ハスクバーナ スカンジナビア300


この記事のみを表示するリネン Part 1 はんぷバック 

ハンドメイド リネン・クラフト








今日も昨日に続き猛暑の1日でしたが、Shop内は
今日も快適なほどにエアコンも効き涼しいキルト日和です

以前のShopではリネン&キルト商材などを扱い、le duvet doux
ブランドのリネン作家、菊池しほさんのキットコーナーもあり、
今回は以前に購入してあったキットを少しアレンジ
させて頂きハスクバーナ デザイナーSEでマーサ・プレーン
さんのデザインを刺繍してみました。とてもしっかりした
リネン素材ですよ。
ほかにも菊池しほさんのオリジナル素材なども購入して
あったので暇をみつけてまた何か作ろうと思います。

昨日のパッチスカートも洗濯処理し完成しました


この記事のみを表示するソーイング工房 パッチワークスカート

ミシンキルト










今日も名古屋の気温はぐんぐん上昇し39,4度まで、
岐阜県では観測史上1位のなんと40,9度 凄いですね

さていつもは木曜日でShopは定休日なのですが、お盆の
臨時営業で今日は営業、さすがに今日の店内は来店客
も少なく、何か作り物をするには絶好のチャンス
店内は冷えすぎているほどの本日もキルト日和です、
早速パッチワーク用の生地をかき集め、スカート制作
に、ミシンキルトの裏技を使いパッチワーク完了
キルトではまず使用しないロックなのですが、さすがにスカート
なので切れ端をロック処理、クライ・ムキ先生の
オリジナルロックを使用しましたが、なかなか使いやすく
とても早く仕上がりました。
今回ミシンはハスクバーナ キルトデザイナーⅡを使用
前回ご紹介した全沈式のワークテーブルでパッチワーク
しましたが、さすがに手元が広く扱えました。
完成後 シワ加工するため自宅に持ち帰りまる子に試着
させましたが少し短いかな?という事で裾に飾りレース
を付け加え完成・・これから洗濯機で洗い、あとは 
ねじり干ししてシワ加工も完了です。


この記事のみを表示する猛暑

OFFtime



今日の名古屋市内は最高気温37,3度の猛暑、午前中はキルトの先生宅に
キルターズ使用のミシンベルニナ440QEの納品もあり
名古屋市内のマンション9階までミシンを2往復、もうそれだけで
汗ビッショリになりましたが、大きなマンションルーム内は
涼しいほどにエアコンも効き、正午頃までミシンの説明しながら、
愛猫のチンチラ15歳とも遊ばせて頂き1時頃帰宅、マイホーム内は
誰もいなく、まさしくサウナ状態 早速エアコンをかけましたが
あまりにもの暑さに涼しくならず、カーテンを全部締め切り
まる子に命令されていたキッチン周りの掃除にかかり約2時間で
ピカピカのキッチンになりました、

しかし猛暑の暑い夏は家にいるより、エアコンの効いたShopで仕事
していたほうがお金も使わないしいいですよね~
岐阜では最高気温38,6度だそうです。道路脇の電光掲示板
では40度になっていたそうですよ。

まだまだ残暑も残りそうですが、皆さんお体には気を付け
てくださいね


この記事のみを表示する完成 ラベンダーのサシェ

マシーン・エンブロィダリー













今日は早速昨日の続きでサシェの制作に、今回はミシン刺繍
もする為、ハスクバーナのデザイナーSEを使用。
まずはアメリカを代表するソーイングクラフト界のカリスマ
マーサ・プレーンさんのデザインを使用しました。
前回の作品と同様に裏口にはポプリ取替え用の口を付け
ウィング針を使いレースをエアールーム技法で押さえ
レース裏布はカットしてみました、
トップ側にもレースを使用し裏側と同じようにウィング針
で押さえ付けてあります。
完成と同時にこれ売り物ですか・・と尋ねられてしまいました

ちょっとおこずかい稼ぎでもやりますか~

まだまだ猛暑の名古屋、本日も猛暑の一日でしたが、おとといの
37,2度を思えば少しは過ごしやすくなったかな・・


この記事のみを表示するハスクバーナ デザイナーSEでサシェ

マシーン・エンブロィダリー







昨日から始まった決算処分セールの為Shopは、お盆休み
に入った今日も駐車場は長蛇の列ができ大勢の来店客で
賑わっていました。
そんな中、暇をみつけて友人から頂いたオーガンジーの生地
を利用してサシェを作ってみました、去年に買ってあった
ローズとラベンダーのポプリもありましたので、ポプリの
差し替えも出来るように裏布にはポヶットふうに交換口を
つけてあります。短時間で先日のミシンキルト講習であまった
生地を使用して作りましたので、たいしたミシンテク二ック
もありませんので明日にでもNEWバージョン作ろうと思います。

室内スポットライト撮影の為生地の色がうまく写りません~


この記事のみを表示するベルニナ キルターズ P/E

ミシンキルト






昨日マイホームの掃除をしていたら、しまい込んでいた
ベルニナのミシンを発見!誇りはかぶっていましたが
新品同様の程度のよさ。少し手を入れミシン油をさした
だけで快調に回ってくれました。このモデル1260は限定で
ほんの数台国内で発売されたミシンで、キルターズ用に
フェザーステッチ、手縫い風ステッチ、ウィング針に
対応したステッチなども追加搭載されています。
アメリカの中古市場などでも特別高価で取引されているみたいです、
正式名は ベルニナ1260キルターズ、プラチナム、エディション
ミシンキルト用の付属はすべてパッケージされています。

とてもいいミシンですよ。
どうしましょうか??


この記事のみを表示するお盆帰省&幽霊 

OFFtime











今日は朝からマイホームの掃除、まずは布団干しから
パタパタ、ソファーを退けての掃除機かけ、エアコン
フィルタークリーニング、なぜかいつも捨てずにいられなかった
物も、このさいすべて処分する事にしました、

午前中にはすべて何とかかたずき、軽く昼食を済ませ、
お盆が毎年仕事となる為に、少し早いお盆帰省で
里帰りしてきました。
山、川ありのとてものどかな田舎ですが日中の気温は
こんな山奥でも今日はかなりの猛暑でした。
川では子供たちも元気に泳いで、魚獲りなどで楽しんで
いました。今日は日帰りでのお盆帰省でしたが、毎年
夜には灯りのない暗い山道の奥までの恐~い
きもだめし&バーベキューが恒例行事です。ここほんとうに出るんです~
こちらでは今だに土葬での埋葬ですので、火の玉もよくでて
なぜか逃げると追いかけて来るんですよ。恐~いですよ

この山道への写真奥には・・ウワァァ~~


この記事のみを表示するテディーベアーミュージアム

1dayドライブ

image4109_202007231606520f9.gif


100年以上の時を超え、愛され続けるテディーベアーたちに出会う為、


今日予定の立山、黒部アルペンルート行きを変更し朝9時に


伊豆テディーベアーミュージアムに向かうため東名高速をひたすら


東京方面沼津インターまで超高速運転(法定内)で・・


それでも時間は1時近くになってしまいました。


沼津インター下車後、伊豆スカイラインを利用し伊豆テディーミュージアム


には2時頃到着。


DSCN1739.jpg


DSCN1740.jpg


DSCN1783.jpg


 

DSCN1784.jpg



ミュージアム内では特別展となりのトトロぬいぐるみ展も開催されていました。


一時期アンティークテディーにも興味を持ちシュタイフ製のテディーベアーや


テディーの洋書などもよく購入したり、パッチワークのテディーベアなども20体ぐらい


ミシンでも作りました。


DSCN1770.jpg


DSCN1769.jpg


DSCN1746.jpg


DSCN1772.jpg


DSCN1749.jpg


DSCN1743.jpg


DSCN1778.jpg


DSCN1756.jpg



DSCN1758.jpg


DSCN1750.jpg


DSCN1755_20200723173657ff1.jpg


DSCN1752.jpg


DSCN1759.jpg


DSCN1777.jpg


DSCN1776.jpg


DSCN1771.jpg



ミュージアム内のShop内には、少しお気に入りのテディーベアーもあり、


購入しようとしましたが、となりのまる子が怖い目でにらみつけていましたので、


とりあえず退散しましたが、商品名などをしっかりチェックしてきましたので、


またメール注文しようかと思います。


DSCN1781.jpg


 

DSCN1785.jpg



テディーベアーミュージアム見学後は、近隣のShopなども散策し


帰宅路東名高速沼津インターに、1dayドライブの時間ギリギリ11時40分


無事マイホーム到着しました

本日の走行距離 760Km ちょっとしんどいです~



この記事のみを表示するハスクバーナ Sewing Table

最新情報


先日発売されたハスクバーナ サファイヤですがロングアーム


採用で大型キルトなどには確かに扱いやすい機械なのですが、


肝心な補助テーブル(オプション)が遅れていた為、ステップリング


などの時に左側に手を添えれなく困っていたのですが、


ようやくクリアータイプの大型テーブルがオプションとして発売されました。


デザイナーSEなどのキルターズキットに含まれるテーブルよりもかなりビックサイズです


とても扱いやすくなりましたよ。









シンプルな刺繍ミシン スカンジナビアにもクリアータイプの少し小振りなテーブルも


発売されています。

詳細などは地元の信頼できるハスクバーナ正規代理店様店頭にて


ご確認してみてさい。




この記事のみを表示するファブリックヒルズ その後

shop




4月までお世話になっていたキルト&リネンのShopがビルの
老朽化もあり取り壊される事になり、先日から取り壊しのための
作業が始まっているよ、との話を聞いていたので一度見に行こうと
思っていたところ、今朝たまたま納品の帰り道にファブリックヒルズ
前を車で通過しましたら、もうすでにビルはなくコンクリート
のかたまりをショベルカーなどで細かく砕いていました。
2年ほどお世話になっていたShopですが、とても思い出もあり
正直もう少し頑張ってやってみたかったお店です。
解体後の詳細は詳しく聞いていませんが、また店舗ビルでも
施工されればいいのですが?

お世話になったShopの店長、いつもShopをご利用頂いた
皆さんありがとうございました、


この記事のみを表示するハスクバーナ デザイナーSE S/T

最新情報

待ちに待ったハスクバーナーのソーイングテーブルが昨日


アメリカから入荷されてきました、国内ではこのタイプの


キャビネットは製造販売されていない為にアメリカからの


直輸入になってしまったために少し時間も予想外に掛かって 


しまったようです。













このテーブルは2段式のエレベータ式高さ調整装置を備えていて


いる為にフリーアーム対応で、更にミシン本体を取り除けば


平テーブルとしても使用できる仕様になっています。


大きなキルトなどのキルティング時にはミシン本体が


沈み込みテーブル部分とミシンべッドがフラットになりますので


とても便利に大きな物でも振り回しがしやすくなります。


フラットで使用するさいにミシンアームとテーブル間の


隙間をカバーする隙間テーブルもクリアータイプですので


他にも何か便利な使い方が出来そうです。


今回はデザイナーSEとデザイナー1の2種類のテーブル


を輸入してみました。

とても便利ですよ~


この記事のみを表示する緑と水の楽園 蓼科高原

1dayドライブ


今日Shopは定休日 久しぶりの完全オフでしたが天候がイマイチ良くなく


予定していた立山、黒部アルペンルートは断念、しかし全国の天気図を見ると


信州方面には晴れマークが、という事で急いで準備を済ませ、


いざ信州は霧ヶ峰高原経由で蓼科高原へのドライブに少し遅い9時に出発しました。


まずは中央高速で信州方面に・・天候は快晴、天空を走っているほど快適な青い空、


しかし隣には雨女のまるこがいやな予感も・・


と、言っている間に霧ヶ峰高原に、山頂付近には12時着 


外は視界5メートルほどのまさしく霧ヶ峰? いやな予感的中で山頂を後に


白樺湖に向けて走って行くと、何と霧も上がりまた快晴の青空になってきました。


とりあえず前回も見学したテディーベアーミュージアムに



今年5月にも霧ヶ峰、白樺高原、美ヶ原高原にはすでに行った所ですが、


何度行っても信州は良い景観地がありいつも新しい発見があります。










先日も日頃お世話になっているキルトの先生が、蓼科で同じくキルトの先生もされ


ペンション経営もしてみえる方のお勧めで御泉水自然園に行ってきて、


とても良かったよ、と言っていたのを思い出し今回は霧ヶ峰高原経由で


白樺湖、女神湖、蓼科高原へのドライブとなりました。


その後女神湖付近を散策し、今日の目的地蓼科高原御泉水自然園に、


まずはゴンドラリフトで山頂駅に、高所恐怖症の身には少し


つらいものがありましたが、5分ほどで到着しました。



原生林の中では様々な種類の花々と多くの鳥たちが集い、


静かな森の中では鳥の鳴き声だけがこだましていました。


湿原では高山植物、樹林を巡れる散策コースも整備され


のんびりと自然散策を楽しめました。







4時には御泉水自然園を後に、お土産屋さんには寄らず、いつもの地元農産物販売所により


新鮮野菜を買い込み、帰宅路中央道 諏訪インターに 


午後8時には、今日も無事に帰宅となりました。


本日の走行距離 460Km


この記事のみを表示するミシン定期健診PartⅡ

マシーン工房













今回はミシン3台の修理点検予約を先日頂いていた
日本のキルター107人展にも選出された著名キルト
作家さんの愛用機ハスクバーナ デザイナー1、ブラザーヌーベル、
ベルニナのミシンの点検及び修理をさせて頂く事になりました、
もちろんハンドキルトも教えられている先生ですが、
ミシンキルトでは、あの世界のキルトの祭典ヒューストン・
キルト・フェスティバルでも受賞され、国内ではIQWでも
数多くの受賞もされ2005ハスクバーナ キルトコンテスト及び
ハンズコミュ二ケーションでは銀賞までも受賞されています、
ここ最近はミシンでのキルトを多数制作されています。
今回も大型キルトの制作でかなりミシンを使用された事での
点検依頼でした、まずはデザイナー1から点検に取り掛かりましたが
半年前にもオーバーホールを済ませていましたので、カマ
周辺の清掃だけで済みました、続いてはブラザーヌーベル
こちらもさすがに職業用ミシンだけにカマ周辺の清掃、注油
だけで済みましたが、消耗品のモーターに使用されているカーボン
ブラシの残量確認だけはさせて頂きました。
次は職業用なみの良い作りのベルニナ、こちらのモデルは
年数もかなり経過している為にジグザグの振り幅変更が
出来ないとの事で、分解後ふり幅コントロールモーターから
針棒に連結している連結棒付け根で老朽化した油に糸ホコリ
などが付着していた為に動作不良をおこしていました。
すべて汚れを除去し注油を済ませたら見事に快適なベルニナ独特の
軽快なミシン音に戻りました。
これでまた爆縫い対応ミシンに無事に複活しましたので
明日からまたキルト爆縫い生活楽しめますね~(笑)・・


この記事のみを表示するキルトで支援活動

キルト教室訪問








今日は日本はもとより世界中で災害、病気、貧困などで苦しむ
子供たちにキルトを贈り支援する活動をされている、
非営利法人のキルトビー会場におじゃましてきました
今日のビー会場では産婦人科医、新生児用サマーキルト
の制作に励んでおられました。
今日おじゃました本部会場以外にも全国5会場でも
ベビーキルト制作などで国際社会に困難な状況
にある子供たちを支援されています。
これまでの支援活動などではアフガニスタン難民
キャンプの子供たちにキルトで制作した通学バック、
イラクの白血病の男の子をキルトを通して支援、心臓
病棟の子供たちにはミニキルトをプレゼント、スマトラ沖
被災者のためのチャリティーバザー、新潟中越地震被災者
仮設住宅の子供たちにはキルトを贈る支援活動などを
されています。
その他モンゴル建国800年行事では、政府の招きで巨大マンダラ
キルト展示イベントに同行したスタッフの手によって30枚の
ベビーキルトを贈呈されモンゴル政府より感謝状を頂いています。

近日前にも再び新潟でおきた新潟中越沖地震の被災者への
支援のため、7月末よりキルトチャリティー販売の活動
も現在されています。売上金は日本赤十字社新潟支部に
寄付されるそうです。

今後ともこのような支援活動をされている皆さんには
何かのご協力をさせて頂ければと思いました。
皆さん今日はご苦労様でした。