FC2ブログ

この記事のみを表示するデザイナー1 オーバーホール

マシーン工房











久しぶりのハスクバーナ、デザイナー1の刺繍ユニット付きの

ミシンを今日はのんびりと1日かけてオーバーホールさせて頂きました、

もともとは他店で購入されたデザイナー1なのですが1年ほど前に

こちらでSEを購入頂き、しばらくは2台を使いこなしてみえましたが

SEと153QEもお持ちになってみえますので、今回はこちらでUSEDとして

売っておいてとの事で、とりあえずお預かりしオーバーホールをして

販売しようと思います~ 今まで1度も点検などした様子もなく分解

してみると、さすがに6~7年使用されていたミシンですので、かなりひどい

状態でした! カマ周辺は糸抜け音やボビンケースのガタつき音なども

出ていましたが、すべて規定値に調製しなおすと音もとても静かになり

ました、まだまだ十分に使えそうです~ ただ今は少なくなってしまった  

FDドライブのデーター読み込み方式ですので、リーズナブルな販売価格に

なってしまうかな~・・??次世代スペシャルマシーンは・・もう少し

お待ちくださいね m(__)m


スポンサーサイト



この記事のみを表示するベビーロック スペシャルエディション

マシーン工房













今日、明日の2日間ショップでは屋外駐車場にてハギレ大会の催し物が

開催されていて開店前から来場者様の長蛇の列ができ、ショップ内でも

今日は1日中レジ待ちのお客さんで賑わっていました~

そんな中以前にロックミシンを購入された方だと思うのですが、古いロック

ミシンを処分してほしいとの約束がしてあったみたいで、今日そのベビーロックを

お持ち頂いたのですが、何と箱入りでほぼ未使用状態、箱に入れたままだったのか

プラスチック部分の色あせはまったくなく、普通なら裁断クズなどで汚れやすい

ロックミシンなのですが、このベビーロック何も汚れがありませんでした!

ただこのタイプでよくある送りカムが膨らんでいて、手では回しきれないほど

ミシンは重たい状態でしたので、送りカムだけ交換したら問題なく動作して

くれました。(使用してなくてもカム不良あるみたいですね)

衣縫人タイプのロックが発売される以前のタイプの450MRのエディションタイプ

ですが、このタイプは音はとても静かでボディーにもダイキャストがまだ

使われていた時代のミシンですから作りも良くまだまだ末永く使えそうです~

マイミシンにでもして使用させて頂きます~~♪


この記事のみを表示するグランドキャニオン・ラスベガス

ロサンゼルス&ラスベガス




ロサンゼルス&ラスベガス、カテゴリー表記させて頂いているのですが

ロスのミシンショップのみの紹介でしたので、写真の整理もできるので

一部観光で楽しませて頂いたグランドキャ二オン、ラスベガス、USJ 

など今日は紹介させて頂きます~

数億年におよぶコロラド川の浸食と地層の隆起作用によって作り出された

全長460キロメートル深さ1600メートルの途方もないスケールの大峡谷を

別名ゲロパックと呼ばれるセスナで大峡谷内を遊覧飛行してきたのですが

ゲロパックと呼ばれるだけに座席前にはゲロしてもいい様にビニール袋が

用意されていました~ 気流の変化で体が浮き上がるほど事もあり、さすが

に、帰りはもうセスナに乗りたくないぐらい恐怖のグランドキャ二オン観光

でした!
 













本場のハリウッドUSJはさすがにスケールは、大阪のUSJとは比較もできない

ほどビックスケールでしたよ~ 眠らない街ネオンとカジノのラスベガスでは

夜のゲーミングや主要ホテルなどでは大掛かりな舞台装置で豪華絢爛なショー

などを楽しめ、不夜城ラスベガスの名の通り一晩中遊びまくっていました(*'-'*)

ホテルはラスベガスでは最高級ホテルCAESAR'S PALASEで宿泊、ホテルというか

一つの街になってしまっているホテルでした~ 

また機会があれば、もう一度ラスベガスへはいってみたい観光都市です~♪



この記事のみを表示する飛騨清見せせらぎ街道と板取温泉

気まぐれドライブ












そろそろ奥美濃・飛騨にも紅葉が始まる時期に入り、今日は

板取スイス村でも有名な板取にまずは向かいました、紅葉の穴場

板取から大和村に抜ける山越えの峠にと向かいましたが、何と

土砂崩れ複旧工事の為に来年3月まで通行止めになってしまっていました、

残念でしたが、ここまで来たのでツルツルのピッカピッカになる

板取温泉の露天風呂で遊び疲れた?体を癒してきました~ここの温泉最高ですよ!

温泉でポッカポッカに温まった後は板取から郡上に抜ける狭い山道を

抜け明宝村に向かう途中、またもや野生サルに遭遇!突然車の前に現れ

目と目があってしまいクラクションを鳴らすと、ドヒャ~車めがけて

威嚇突進攻撃、あわてて車のギアーをバックに・・1~2分は道路中央から

動きませんでしたが、やっと私の勝ちよ~というような顔してガードレール

下の山に下りて行きました。まぁ~オサルサンの縄張りだからしかたないですね!

山越えの峠も無事その後は何もなく明宝村から飛騨高山に抜ける紅葉のスポット

せせらぎ街道へと車を走らせました、普段は車の通行量も少ないせせらぎ街道

なのですが、今日は県外ナンバーの紅葉を楽しむ車などでせせらぎ街道も列を

連ねていました。

清見では日本カモシカにも出会える山奥山頂にも向かいましたが、今日は残念

ながらお目にかかれませんでした、

今週中頃から週末にはせせらぎ街道、最高の紅葉楽しめると思います~♪ 

是非近場の方はお出かけしてみてください! おサルさんには要注意ですよ!

この記事のみを表示するギッタマン クリエイティブ マガジン

最新情報




マッキナさんからギッタマン・クリエイティブマガジン新刊が

届きました、今回はクリスマスアイテムなど楽しいアイディアが

いっぱいです~♪

今回は残り少ないバックナンバーもお願いして用意して頂きました。

是非お早めに


この記事のみを表示する萌木の村 グリーンガーデン

最新情報





今週末25(土)26(日)の2日間、清里萌木の村グリーンガーデンにて

第8回目となる私のカントリーフェスタin清里が開催されます。

萌木の村には毎年でかけるのですが、このカントリーフェスタには

まだ一度も行ったことがなく、以前から気にはなっていて是非でかけて

見たかったのですが、日曜はスポレクの行事があり・・ムリ

出かけるとしたら土曜の早朝? 9時からの開催になるので駐車場などの

事を考えると5時頃にはでかけないと少しきついかもしれませんね~

まだ出かけるかは決定していませんが、2万人以上が来場される秋の

カントリーフェスタ行きたい~~~です♪

http://www.moeginomura.co.jp/w-country/


この記事のみを表示するエンブロィダリーマシーン 6000D

マシーン・エンブロィダリー



すでにアメリカで発売されているbrother新製品6000D

4000、4500からはかなり進化しているみたいです~

http://www.brother-usa.com


この記事のみを表示するスポレク スポーツの秋

OFFtime

昨年末から少し傷めた右肩の負傷で学生時代から続けていた

バレーボールも今年に入ってからはまだ3~4回練習に参加

しただけでしたが(以前は週2回)チームのほうから試合参加の

要請があり今晩は久しぶりに体育館にバレーの試合メンバーでの練習に

でかけてきました~

長年続けてきたスポーツですのでボールさばきのテク二ック?は

おちてはいませんでしたが、2セットあたりからは心臓が

バクバク状態に・・とにかく前衛ブロックに就き連打を受けると

もうダメ~~状態でした 持久力がかなり低下してしまっています(w_-;

まぁ~今回は久しぶりにバレーボール楽しんできます♪ 

この記事のみを表示する陶器ボタン

ハンドメイド リネン・クラフト




今のショップにお世話になる以前に、ここのショップの路面店舗展開

していたコットンショップ ファブリックヒルズでお世話になっていた

店長さん(女性)から連絡があり、陶器のボタン焼いたから見に来てとの事で

したが、お互い今のショップでは忙しく、まして6階建てのビル丸ごと

が手ずくりタウンという事もあり同じショップ内にいても、なかなか会える

機会がありませんでしたが、今日の午後暇を見つけて陶器ボタンを見せて

もらいに行きましたが、遅すぎ~と言われてしまいました!

ハート型とか星型などなど、いろいろと見ているだけでも楽しいボタンを

工房でいっぱい焼いてくれたそうですが、ショップに来てくれる子供さんたちが

可愛いボタンを見て、もらっていってしまったそうです! ん~残念

それで残っていたのがこの陶器ボタンでした。

こちらの元店長のご主人は陶芸作家さんで、以前のショップでは大変お世話にも

なっていました。陶器にはあまり詳しくはありませんでしたので、奥様に織部焼、

美濃焼と訪ねると、ナンでも~焼との回答が???生地の事では知らない事が

ないくらい詳しい彼女なのですが、陶芸の事はさっぱりだそうです~。


キルトの先生たちからのデザインオーダーや可愛いボタンなどの要望にも応えて焼いてくれる

そうですよ♪  


この記事のみを表示するターシャの庭

気まぐれドライブ


























絵本画家、園芸家でも知られるターシャ・テューダさんのガーデニングが

唯一岐阜で日本版ターシャ・テューダの世界「ターシャの庭」として再現されて

いるとの事で今日は午後からになりましたが、可児市まで出かけてきました、

2005年に開催された「花フェスタ2005岐阜」の会場でもあった花フェスタ記念公園内に

再現され、ターシャさんのライフスタイルでもあるガーデニングの世界などが

今日は楽しめました~♪


残念で悲しいことなのですがターシャ・テューダさん6月18日、お亡くなりになられた

そうです。謹んでご冥福をお祈りいたします。

「ターシャの庭 in Gifu」 ↓

http://www3.plala.or.jp/gardengifu/index.html

この記事のみを表示するエンブロィダリーミシンキルト第1回目

エンブロィダリーキルト
















10月から始まった新講座エンブロィダリーミシンキルトのレッスン

第1回目が今日開催されました。

初回の講習作品は講師マリーさんデザイン「メッシュワークとレース刺しゅうのバック」

刺しゅうデザインはハスクバーナNo179のデザイン(Florence Rhapsody)

を編集使用し、リネン素材にデザイナーSEの生地を傷めずに刺しゅうができる、

しつけ機能を使い刺しゅう、もちろん自動刺しゅうですので刺しゅうは

デザイナーロボット君にまかせて、その間にチェックとベージュのカット

したテープを裏技を使い小花プリントのベース生地に格子を描くように

ミシンステッチ、後はパイピングテク二ック、キルティング、ファスナー付け

などを済ませ仕立て、最後にリネン素材にモチーフとなるトーションレース、ボタン

なども使い、ミシンステッチのサテン、スカラップなどを組み合わせてコサージュ

を形作り、後はバックの好みの位置にコサージュを付け完成♪ d(*-*)b

今回はマリー先生の了承を頂き完成までの一部プロセス紹介させて頂きました

次回の講習作品も楽しみです~ 

講座詳細は ↓

http://gakuen.nihonvogue.co.jp/detail/detail.do?lessonId=570


今回は広い講習会場でしたが、受講者も多数で2回目からは、さらに受講申し込み

があり、いよいよデザイナーダイヤモンド??? もあり~~かな!


この記事のみを表示するエンブロィダリーミシンキルト

エンブロィダリーキルト


連休明けに開催されるエンブロィダリーミシンキルト連続5回講習会となる

会場の準備を今日はさせて頂きました。

新しく開講となったエンブロィダリーミシンキルト講習ですが、

受講者さんも多く集まって今月14日から開講となります。

刺繍ミシンでは世界各国で定評もある、デザインも豊富なハスクバーナ、

デザイナーSEを使用しての新講座となります。

この記事のみを表示するSINGER 15種足踏みミシンのご先祖様

アンティークミシン













日本でもミシンが普及し始めた昭和初期頃当時は日本製の家庭用のミシンも

シンガー規格の呼び名で15種型、職業用は103型ヒャクサン、工業用は96型

キューロクと呼ばれていましたが、アメリカ占領軍司令部「GHQ」の指令も

あり日本工業標準規格JISに準じ家庭用ミシンはHA型 職業用はTA型 

工業用はDB型と呼ばれるようになりました、ミシン針も家庭用はHA×1

等と今も呼ばれていますよね。

写真のミシンは非常に珍しいミシンですが、垂直半回転カマ使用のミシンで

15種型、国内で言うHA-1型のご先祖様で15種1型の家庭用ミシンです

1880年代のミシンですが、以外にも知られていませんが15種ミシンは1880年代に

すでに製造されていました!

日本に輸入されたSINGER社の15種のミシンも1900年頃で、型名は15種30型

有名なスフィンクス模様が転写されたミシンや、シェル貝等の模様も描かれた

タイプもありました、画像の15種1型はボビンケースが開閉タイプになっていて

カマの剣先が長~くなっているのが特徴で、希少な少量生産モデルとなりました


この記事のみを表示する源氏浪漫 宇治平等院

1dayドライブ



















 












今日から秋の高山祭りも開催され、高山にはもう一度行きたかったのですが・・


今日はなぜか源氏物語のまち京都宇治まででかけてきました!

名神高速から京滋バイパスに乗り継ぎ宇治東ICで下車すると5分ほどで

世界遺産にも登録されている平等院に到着、たしか小学生の修学旅行で

きた記憶はありますが、こちらの平等院 永承7年1052、関白藤原頼通に

よって開創され、鳳凰堂は翌年天喜元年1053に阿弥陀如来を安置する

阿弥陀堂として建立されたそうです。

もちろん紅葉はまだまだでしたが、来月には見事な紅葉が楽しめる最高の

スポットになると思います~ 今月11日からは源氏物語散策の道をはじめ

宇治上神社、源氏物語ミュージアム周辺が5時からライトアップされ幻想的な

宇治灯り絵巻の世界が楽しめると思います~ 

平等院散策後は同じく世界遺産登録の宇治上神社に、ここは「悲劇の息子」

として日本書紀にも伝説が残る神社としても知られ、境内正面の拝殿は鎌倉

初期のもので国宝にも指定されています

続いては優雅で華やかな源氏物語の世界に誘い込まれる源氏物語ミュージアムに

いま蘇る宇治十帖源氏物語は宇治で完結する!こちらの映像展示室では宇治十帖の

物語 映画「橋姫」をゆっくりと楽しませて頂き、千年の時空を超えて広がる

王朝絵巻の華やかな世界にワープしてきました~~

源氏物語ミュージアムでゆっくりさせて頂いた後は、宇治川に掛かる宇治橋

橋橋、朝霧橋など宇治川周辺を散策し、最後にキルトでもお世話になっていて

宇治市でキルトショップもされているキルトギャラリーZUIさんのショップに

おじゃましてきました、カントリー風でとても素敵なショップでしたよ♪


本日の走行距離  310Km   

この記事のみを表示するグラニーバック

shop










今日はショップ4階にある講習スペース会場で、ミシンキルトの

師匠?でもあるK先生のグラニーバック1日講習会が開催されるとの事で

早朝からミシンの準備などさせて頂きました。


朝からグラニーバックの講習に参加したかったのですが、他の用件なども

あり午後から参加させて頂き、会場も3時までと言うこともあり、ハンドで

仕上げるべき箇所も、すべてミシンで仕上げました~

久しぶりのK先生の講習に参加させて頂きましたが、裏技、小技のミシン

テク二ックを教えて頂き、2時間ほどですべて完成してしまいました~

しかし良く見ると先生作の作品とは、ストライプとなる生地が縦のはずが

完成した作品は横になっちゃいました~~ 正方形から作るグラニーバック

でしたので、あわてて向きも確認せず持ち手を付けてしまいました (--,)

まぁ~これはこれでいいか~ かなりお気に入りの出来で~す♪

いろいろ今日はミシンテク二ックを教えて頂いたので、次回はレースなども

もっと使用したグラニーバック作ってみます、ミシン売り場のあるB1Fは

服飾雑貨のフロアーでもあるのでレースなど飾り品関係などはどんだけ~というほど

ないものはないほど服飾雑貨には恵まれていま~す 画像はほんの一部ですよヽ(^◇^*)/


この記事のみを表示するレッドワーク

エンブロィダリーキルト






昨日のアンティークミシン実はこんなに小さなファミリーミシンなんです~

ショップに飾った途端にコレ売ってもらえますか~ もちろん貧乏ですから

なんでも売っちゃいます~ というわけで商談成立  =*^-^*=


画像のキルト、スーちゃんのレッドワーク刺繍(マーサ・プレーン)デザインを使用して

作ったものです、

ハスクのSEを使いこなしている80歳のおばあちゃんからの依頼で

レッドワークをしたいとの事でこの刺繍デザインを購入されました、

80歳から刺繍ミシンを使い出し、今はハンドキルト教室、ミシンキルト上級教室に

毎月通っています~ きっと今頃レッドワークのキルト制作で頑張っていると

思います~ 凄いです♪


この記事のみを表示する1860年代のアンティークミシン

アンティークミシン







今日はお休みを頂いている月曜日! 日に日に涼しくなってきたこともあり

午前中は暑い夏の間手入れもできなかった庭の草むしりに追われましたが

涼しくなったせいもあり1時間ほどで終了! 午後からは以前200台近くあった

アンティークミシンですが、ほとんどは寄贈、売却などで残された数少ないミシンを

久しぶりに手入れしました~ 

このタイプはシンガー12種型で1865年から1890年近くまで生産され600万台以上が

世界各国で販売されたミシンです、このミシン転写模様などは摩れてなくなっていますが

12種型では初期の1867年(慶応3年)の希少モデルです、ボビンケースは長船型ケースを使い

ミシンベッドはバイオリンの形をしたユニークな小型タイプのファミリーミシンで

スベリ板には最終パテント1855年の刻印がされています~ 後期型は良く見かけますが

1860年代モデルは少し珍しくなってきているみたいです。

足踏みタイプの篤姫が使ったとも言われる同型の、ウィラー&ウィルソン社のミシンも

2階倉庫(押入れ)で眠ったままですので次の休みには降ろしてこようと思います、

またご紹介しますね! 


この記事のみを表示するミシンキルトでピンクッション

ミシンキルト












昨年末に開催されたキルトウィーク大阪へ行かれた○○○さんからの

おみやげで、アンティークのアイスクリームカップを頂いていたのですが

ラッピングもおしゃれにされていましたので、ショップにはそのまま

飾らさせていましたが、ピンクションでも作ってね・・と頂いたカップ

でしたので、今日は久しぶりにアンティークにはアンティークでという事で

50年ほど以前のイギリスシンガーのミシンでミシンキルトを楽しみました~

ミシンキルティングもウォーキングフットが装備されていて、返し縫いも

レバー式のメカメカミシンですので止め縫いもできてしまい、職業用ミシンに

近い感覚でミシンキルトができました。

午後からはレース刺繍などをハスクバーナのデザイナーSEを使用し少し遊ばせて

頂き、ベルニナ730eにも久しぶりに働いてもらいました♪


昨日キルトジャパン発売されていますよ、80冊ほど入荷していま~す


この記事のみを表示する一人旅 相倉合掌造り

気まぐれドライブ

image4109_202007231606520f9.gif


今日はショップは定休日、外は雲一つない快晴! という事で

久しぶりの北陸、金沢まででかけてきました~


いつも同乗のお連れは、他の用件でお出かけする為に今日は一人寂しく?

でもなく楽しく一人旅にでかけました♪


FSCN6480.jpg


まずは岐阜から美濃、郡上、ひるがの高原を通り白川郷から田園風景の

自然美が美しい富山、南砺市に、ここで少し休憩、白川郷とともに世界遺産に

登録されている五筒山合掌造り集落の一つ相倉合掌造りを見学してきました~


FSCN6481.jpg


FSCN6482.jpg


FSCN6483.jpg


FSCN6484.jpg


FSCN6487.jpg


白川郷ほど観光客はいませんでしたが、山の中腹にある合掌集落は雪深い

厳しい自然にも対応できる強固な造りで100年~200年前の家屋や、古いものは

400年前に建造された家屋もあるそうです~

30分ほど見学し五筒山を後に国道156号から福光に抜け国道304号線に入り

ひたすら金沢市街に向け西進しPM3:00に無事金沢中心地に到着、何と走行距離は

ほぼ200Km程でした~ 名神、北陸道の高速道路を使用するより、かなりの距離短縮

でした、ただし時間は4時間はかかるみたいですね


FSCN6488.jpg


 

FSCN6489.jpg


帰りは同じ道で五筒山集落

撮影の為5分ほど車を止めましたが、ほぼノンストップでちょうど4時間の時間

がかかりました~  


 

FSCN6491.jpg



FSCN6490.jpg


FSCN6492.jpg

 

本日の走行距離  410Km